国際離婚

けっこん振り返り

セキララライフ(国際結婚期間編)

最近ちょっと思い出したのです。国際結婚・離婚当時ってなにを欲していたかっていうと、書籍や入管法に書いてある「物事」が知りたいわけではなく、リアルな声・体験談が知りたかった。どういう困りごとでもそれはそうなんだけど、国際結婚って絶対数が少な...
けっこん振り返り

国際離婚経験者に、婚活の機会はあるのか。日本人と恋はできるのかという心配。

こどもがだいぶおおきくなってくると、周りのシングルのみなさんは「婚活」などに参加することもあるようです。子育てがある程度ひと段落したあとに、また人と住むというのは私にとってはちょっと面倒くさいです。(笑) 40代・50代の婚活は普通...
ハーフの子を持つシングルマザー

離婚を考え始めたときに気をつけたポイント 行動する前に必要な準備

まだまだ離婚は、と思いつつも、いずれ離婚するだろうなと感じたときに気を付けたことがいくつかあります。 自分だけしか知らない銀行口座をもつ 比較的バカ正直な自分でしたし、保身のために隠し事ができないタイプではあったので、だいたい...
けっこん振り返り

国際離婚のまえにやっておくべき大事なこと TOP5

個人的な感想です。離婚を迷っているならともかく、ビザとかはっきりしたら、とかタイミングを待っているときにしたことをまとめてみました。 国際離婚に限らず、日本人同士の離婚でも共通の部分はあるかもしれません。 その1 実家の住所住所などの手...
けっこん振り返り

たいてい日本人のほうが、おんなの方がヤバい。今考えると拉致?

浮気をオトコを責めずに女にあたるっていう意味ではなくて本性って意味で。 女のほうがヤバい。そして日本人って追い込まれるとヤバい。 承認欲求の激しさか、歯止めが利かない・理性がきかない 外国人浮気オトコがいたとして、そのだらしなさはもう...
《イキカタ》

人を助けるのに頑張る余裕はありません、という話。

いやはや、長年自分以外のため(といっても合理的に、自分より動けない立場のひとが回りに多かっただけ)に動き続けて、ちょっと落ち着いたからって、普通の生活をとりあえずできている「国際結婚の困っている人」を助けるほどの余力はなかったということにい...
《しんぐるまざー》

タイトルを変えました!異文化論を実生活で修了、卒論代わりのブログへ。

タイトルを変えました。 トラウマ、愚痴吐きメインだったころは、とにかく文字にしたかっただけなのですが、 時間が経ち、あのころの自分や相手、私生活を客観的にみれるようになると、それは一種の異文化学習だったなと思うようになったのです。 ...
国際離婚

離婚した相手に再会したらどうする? 10年経って思うこと

離婚後 第1段階 恐怖の時期 DVとかで、というわけではなく、いろいろな問題やすれ違いで疲れてしまうと、相手との時間、相手と会うことに「恐れ」を抱くようになってしまいました。 会う前に「疲れる」「揉める」が想定できるからだと思い...
シングルマザーのスキルアップ

英語力よ再び。 国際離婚後の英会話再習得の旅

国際離婚して早〇〇年過ぎ、地方の日本社会にどっぷりつかっています。 自己紹介にて、「国際結婚・離婚・ハーフの子」のはなしが出たときに、毎度聞かれる 「英語得意なんだねー(なぜか断定)」 の話題に少々気おくれするようになってきま...
現在、今後

体力なし、実家なし、ツレなし、金なしの国際離婚シングルマザーが普通、の生活を送るまでのハードル

自分の心に素直に生きようとか、コーチングとか、自分を大事にするとか、そこまで考える余裕があったらとっくにやってるわ! 巷にあふれるセルフマネジメントや、将来設計やら、ブランディングやら。 それが悪いというわけで言っているのはありません。...
タイトルとURLをコピーしました