国際結婚。そこに「愛」はあったのか。

スポンサーリンク
カテゴリー
《カンガエカタ》

国際結婚といえば、

ビザが目的なんじゃないか?!

と言われるのが、いまだにあるかと思います。

遊ばれているのかもしれないよ。
気をつけなー。

とか。
ビザ目的でよくない?(犯罪に関わる場合は除く)と思ってますが。
スポンサーリンク

条件を書く結婚相談所や婚活パーティとの違いが私にはわからない

一時期流行った、3高とか。
年収いくらくらいで、イクメンで、共働きを許してくれる人で、介護はしない約束で、とか。

将来設計として、結婚相手探すときに、条件を考えるのって普通に行われてますよね。

そこに「愛があればいいじゃない!」って異議を唱えるひとはあまりいないのに、国際結婚だとたぶん大恋愛の末の結婚だったとしても、ビザじゃない?って言われちゃうことよくあると思うんです。

日本人同士で結婚して、
「あなたの愛は恋愛感情ですか?  人間愛ですか? 博愛ですか? 」
なんて確認されるようなことないと思いますが、恋愛感情じゃないと、偽造結婚みたいな短絡的解釈をよくされます。

政略結婚やら、年齢的な問題とか、100%愛しているか、と見つめてみたら、そうとは限らない結婚、国際結婚じゃなくても存在するはずなんです。

帰らないで… だって、○○だから

一度、結婚するまえ、在留許可なのかなんなのか(そのころは家族ではないので、ビザ等の詳細しりません)国に帰らなければならないようなシチュエーションになったことがあります。

たぶん、戻ってこない感じの。そのとき、服をつかんで言いましたよ。

Don’t go back… Because…

ここで想定されるの、because  I love you…だと思うんですが、わたしが言ってしまったのは、

Because  I don’t know!

ロマンティックのかけらもないですね。それでよくとどまったものです。。

 いろいろ解決にうごいたり、一緒に暮らして住み良いくらいには愛情はありました

いや、愛情全然ゼロなら、トラブルがあったときに、自分のエネルギー削って動きません。そもそもエネルギー少ないし、淡々としているタイプだから。

それに、日常生活ではやらかすけど、いざというときは自力解決の人でもあったので、そこには信頼を置いていたのかもしれません。

同じビザ目当てでも、最低限の誠意は感じたし、ビザ目当てで誰でもいいよ、っていう国際結婚ではなかったのです。すくなくとも、それが引き起こすマイナスも理解したうえでの決断。

恋愛感情か、っていったらわからなくなるけど、それは国際結婚でなくなってそうではないでしょうか。

あるか、ないか、でいったら、なんかの形の「愛情」はあったんでしょうね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました