【体質改善日記】考え方が大きく変わると歯が取れる

スポンサーリンク
カテゴリー
《しんぐるまざー》

なぜかしらばく体調不良が続いたり、考え方や方向性を大きく転換させようとするとき、歯が欠けたり取れたりします。

パニックで、CS(化学物質過敏)であるので、できるだけ歯医者と関わりたくないのです。治したいところはたくさんあるのですが、少しずつ治そうとして、無理して寝込み、エネルギー補填してまた寝込む、ということを繰り返し、普通のことがこなせない感じになってしまったことがあるので、不具合はある程度我慢して、体力をアップし、一気に治療、と考えています。

転換期に歯が欠ける

虫歯と違うのが、痛みもなく、ふっと取れるのです。
数年の体感からわかるのは、緊張感が緩むとき、骨格が変わるのでしょうか?
今まで違和感というか張りを感じていた部分が、ぽろっと取れてしまうのです。

考え方が大きく変わったときとか、気が楽になったときとか。
気にしすぎていたことがどうでもよくなったりとか。
そういうときってたいてい久しぶりに体調がものすごく悪かったりなんかして、「こんなこと気にしているより元気なだけでいいわー」という感覚を思い出すような時だったりします。

普通になろうとしすぎて、べきべきで自分を縛って、今より動けなかったときのことわすれちゃってるんですよね。

ストレスで歯が割れたことが

全ての問題が重なっていた時期、そしてどこに文句をいうこともできないシチュエーションだったとき、状況にただただ黙るしかなかった。

自分のからだが動かない、資金がない、こどもが小さい、病人がいる。
社会的に弱い。
文句をいうことは何かをお願いしている状態で、サポートがなくなることを意味する。
いまだとそんな、ホスピタリティのない助けにからだやこころを壊すんじゃなく、ホームレスにでもなればよかった、と本気で思う。子連れで無理だけど。(気持ち的には)
そのほうがよっぽど長く体を壊さなかったはず。

じっと我慢、じっとかみしめることを数年続けると、重量上げなんてしてなくても奥歯って割れるんです。

そのときには、病院行けない環境・体調なのになんで歯まで…って思ってたけど、今思うと「歯が肩代わり」してくれてたんだと思うと、その分のストレスを全部体で受けてたら怖いと感じます。

歯が取れるのは緩むとき

そんな経験から、どっかかぶせている歯が取れるときは、体が緩み始めたときだと思っています。

サイズというか骨格が変わるから、スキマができてしまうんじゃないかと。

そして、取れると体は楽になる。ただ、そろそろこれを機会に本格的な治療をはじめて、普通の生活もしたいなと思うこの頃。

2年くらいかけてゆっくりと。いろいろ調べながら。
ただ、問題は個人の体調を理解・優先しながらやってくれるような歯医者さんが地元にあるかどうか、ということ。
あまり歯医者ジプシーはしたくない。

治療が終わったら婚活パーティにでも行ってみようか。とくに恋愛に興味はないけど、モチベーションの問題ですね。
すっきりなおして、服とか体型とかも「普通に」気にして恋でもしてみたいわーという、続ける上での楽し気な目的。

こんなのを考えるってことも緩んでるってことかな?


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました