【ひきこもり起業ミッション002】生活の誘惑が多すぎる。いらないものの整理とルーティン化。

スポンサーリンク
カテゴリー
《イキカタ》

生活の場で仕事を「成功させるレベルにする」

SOHOとか、リモートワークの環境を整えられる、会社側の保証もあるカッコいいおうち仕事と違って、いろいろ抱えたマイノリティが生活の場と、仕事の場を兼用するってなかなか難しいと思うのです。

例えば、CS(化学物質過敏症)。
わたしは今だいぶ楽ですが、まだ洗剤やら香料などがないものを選び、例えば近所の方の洗濯時間は窓を閉めて外から入らないようにするとか。
極力新しい本棚は買わない。(塗料のにおいがきつい)
とか、どうにかシンプル生活やっていますが、これが事業と並行しようとすれば、仕事の効率化の環境と生活上の暮らしやすさ(というか仕事のため体調を崩さないためでもある)を同時に考えなければならない。

思い悩む回数を減らそうと考えると今できることはふたつ。

・ものを減らす 整理する

・重要でないこと、クリエイティブが関係ないところ、毎日すべきことなどを考えなくていいようにルーティン化する

から始めようと思います。

第1段階/ものをへらす

外に出れない体調のときや、期間がある、という不安感から、
買えるときにまとめて買う。
必要なものもあるのですが、不安から買ってしまったものも多数。最近は、購入自体はしないブレーキはかかるようになってきましたが、買ったものの整理をする余裕は今までなかったので。
ものにもエネルギーをとらえていることを考えると、減らして事業そのものへ労力を。


第2段階/整理する

ある程度、ほんとうにいらないものを処分したあと、生活の設計図を描いてみようと思っています。

なにが必要か、どういう生活リズムやスタイルなのか、構成してからものを動かしたり、買ったりするようにしていこうと思います。

使い勝手や好みも意識して、購入にも意図をもって。

第3段階/ルーティン化

夜はスープが食べたくなるとか、いろいろ服買っても結局こればかりだなとか。

素材や、パターンがあると思うんですよね。買物の頻度や、商品、時々は冒険したいけど普段生活で精一杯なときは、いつもと同じが安心するし、余計にいろいろ悩まない。

どうやら私は、数学とか細かいことに悩むのは疲れないのだけど、生活のあれやこれやに「悩む」のがとても苦手らしいのです。
脳がすごく疲れてしまう。
料理も悩む、とダメ。
身体感覚でさくさく作っているときは楽しい。
分析しだすととたんに疲れてしまう。献立とかがダメなタイプです。ありもので作る方がいい。

だから、自由度はあるけど、夕方はスープ、とか、散歩はこの服・このバック。
きちんとした場所はコレとコレのセット、みたいな決まりを作っておきたい。

ルールやルーティンは嫌いだったのだけど、効率よいクリエーティブのために必要なんだなと気づいた最近です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました