体調が悪いと物が増える? 体質改善は生活改善

スポンサーリンク
カテゴリー
《イキカタ》
スポンサーリンク

物欲・食欲 ほとんどないのにモノが増える年月

基本的に、歯の治療が必要なことを差し置いても、数種類体調に合う食べ物にこだわりがある他は、特別食に欲がない。

そして、スーツケース(それすら多い)やリュックで必要なものを賄うのに充実感を感じる(そういう2way、3wayグッズやガジェットを探すのは唯一好きかも)タイプなのに、家にものがたくさんです。

過剰にかかる生活のなかでのストレスを100均とか大量購入で晴らしていた時期もなくはないですが、そのパターンは自分のなかで掴めていて、ムダにならないようなもの(一気買いしたいだけなので必要なものをただ一気に買うとか)を買うようにしていたので、そこじゃない気がしています。

要は不安感から買いためてしまうのです。

こもり生活の買い占めに似てる

感染対策、自粛生活で、いろいろ「買っておく」ってことをしたひとも今年は多かったのではないでしょうか。

体調崩す不安感、買えなくなる不安感、そういうものから最低限、のものではなく、多めに買っておく。必要性が高くないものも買っておく。

危機管理として人間としては正常な行動だと思うんです。

ただ、これが長年の体調不良だと、ちょっと方向変えていかないと難しいところだなとようやく気づいたところです。

数ヶ月、年単位で寝込むかも、という不安からかなり先まで考えて買ってしまう&捨てられない

先週まで普通に働いていたのに、原因不明でずっと寝込む、というような経験をすると、普通に食料の買い物をしていても、今日の分だけでいい、と思いつつも、どうしても、しばらくこれなかったときのための何かを買ってしまいます。

料理が作れない日が続くかもしれないから、こどもでも作れるものとか、手間があまりかからない便利レトルトとか、結局作れたりするから、ムダになって捨てることになったりすることもあるんだけど、それは元気をキープできてよかった、の方で捨ててしまう罪悪感を昇華しています。

夏に冬のグッズを見つければ、前もって買ってしまうし、断捨離しようと、片づけようと、すっきりさせ方はわかっているのですが、買えない環境に陥るかもしれない、買いにいけない体調になるかもしれない、と何カ月も先のものも予測して購入してしまいます。

節約、賢い購入方法としてはシーズンオフに買うことを含め、やりくりとしてはプラスな行動だとは思っています。ただ、それは捨てる、方もできている場合で。

体調に対する不安からの購入、捨てられない、はよくある
片づけられない
買物依存

とはまた違ったところに原因があって、毎回抜けられないループになっている数年です。

コロナでわかったこと 不安はみな同じだった

まわりが普通、だったから、買えなくなったら、動けなくなったら、の心配度が高かったのが異常なように感じていたけれど、「普通」でいる人も急にそうなることはある、ということが今回の自粛時期でわかって、

きちんと用意して、きちんを不安がろう

と思えてきました。ただ買わない、増やさない、という意味ではなく、たとえばチョコしか体調悪いときに食べれないーって思っているなら、食べたことない保存食セットを買うよりたぶん、チョコレートを大量保存しておいたほうが安心感が違う。

外でもどこでも暮らすことには不安はないけど、出来合いのものが食べれないのが不安、というのであれば、ちょっと値がはってもちょこちょことキャンプ調理グッズでも買いためるとか。

使わない、買わないことが正しいのではなくて、ちゃんと自分に必要なものを買って、世間的に「必要」と言われているものを買うことで浪費しない

必要なもの、不安に思っているものを先に買ったら捨てやすい。
定番ものをきちんと買って、それから捨てる、断捨離とは違う、自分なりの方法でシンプルライフを進めていこうと思っています。

メモ:片づけ欲に関連しているのか、解毒・排毒的な動きが強い気が。歯茎の腫れはデトックス?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました