トラウマが邪魔して過去を文章にできません

スポンサーリンク
カテゴリー
《イキカタ》

いつはきどころとしてブログにまとめようと試みる。その度にとまってしまう。

それはこころのどっかでブレーキを無意識にかけてしまっていたり、だれか自分以外に登場人物をかんがえてしまうからだろう。

自分のものがたりのなかではもしかしたら「真実」がどうかはどうでもよくて、自分からみえた周りやできごとでいいにだろう。

わたしはどこか全員登場人物の視点で、そしてそれぞれの真、でなければ文章にしてはいけないと頑なに思っていたような気がする。

これから書くのは、まあもちろん同じような環境下のひとに 役立つニッチな経験談もいれていくけれど、自分がいま言葉にして昇華しないとならない時期にはいったような気がするので、自分のことばで綴っていこうと思う。

きっと一区切り心理的についたからそう思うのかもしれない。現在進行形のことは、客観視のため、と思っても直視するのに労力を要してしまうから歪めて捉えがちだったり、心身バランスを優先せざるえを得ないから。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました