未完成ブログが翻訳の勉強に役立っていた!放置→再開、の繰り返しから気づいたこと

スポンサーリンク
カテゴリー
《ハタラキカタ》

翻訳をちょこちょこやりながら、翻訳系の試験とかも時々受けています。
気分が盛り上がった時期にまとめて書く感じのブログになってしまっていますが、最近気づいたことがあります。

基本的に思ったことを書いていることには変わりないのですが、やはり自分のノートでの日記とは違うで、文章をわかりにくく書かないように少しは気を付けるのです。

シンプルな言い回しに変えてみたり、だらだらしてしまった文章を消してしまったり。

それが今のタイミングで翻訳にプラスになっているなあと気づき始めました。

スポンサーリンク

エンドユーザーに伝わりやすい文章を書く必要

一般的な翻訳のイメージは「英語ができれば翻訳・通訳得意でしょ?」っていわれることが多いです。

少なくても私は通訳に関しては全くできないと思います。もちろん知り合いのアテンドだったり、道などで困っている外国人の用事を達成するくらいの日常会話は可能です。

ですが、まず会話にあまり興味がないこと、スラングなどや、フランクな会話に詳しくないので、同時通訳など「場の雰囲気も通訳」するようなことはできません。

翻訳もただ英語にするのであればグーグル翻訳や、発展しつつある機会翻訳でよいでしょう。
ただ、そこには読み手がいて、行間があって、読む労力を減らすためにはシンプルでわかりやすい英語である必要があって、「人間の思考」というスキルが必要なのです。

文章・言語・作業、というだけでなく、その先に「ひと」がいることを理解する。
翻訳という文字を相手にしていても、エンドユーザーは人間。
昔から聞いていた言葉ではあるのですが、ブログを経て、このところ実感しています。

本質をみるくせをつける この文章は何がいいたい文なのか

概して日本の文章は長いです。
特に論文形式のものはシンプルなものだと権威性がないような気がするのか、修飾語に修飾語を重ねて、どんどん長くなるような文章が多いです。

英語にそのままにしたら、that や which などたくさん並んで、メインがどこだかわからなくなるだろうなと思います。

最近ようやく、文章を「これの本質はなにか」というのをまず見るようにしています。
何を言いたいのか、が伝わることが目的で、構成(句読点のない長い一文)は同じではなくてもいいということも今更ながら実感中です。

翻訳トライアルやテストは、自分のスキル・レベルのデータ取りの大事な機会ととらえる

いままである程度勉強していて(経験もあっても)あまりスコアや合否がでるものに参加しませんでした。

ショックを受けたくないという以前に、「それに挑戦できるレベルではない」と思っていて、もっと勉強してから受けなきゃいけない気がしていました。

しかし、自分より短期間でいろいろやっている人とか見て、えーそれで挑戦するの?と思いつつも、挑戦しないと、ゴールがはっきりしないんですよね。

どこが足りないかわかれば、足す方法を考える。
苦手・もしくは合わない分野がわかれば、違う方向に切り替える。
動かないうちは、自分のイメージで知っている範囲でしか動けないんですよね。

なので最近は負荷が日常生活にかかりすぎないレベルで、トライアルや試験などに手を出しています。あまり詰め込みすぎても、頭をリラックスして対応できないので、なるべく余白がある状態の量にしています。
落ち込む必要もなく、分析したら足りないところをアップしていく。

実際にお仕事をするときに、ぎりぎりの量を入れたら続かない。
少し足りないなと思うくらいが、自分の対応可能量だと思っていてもらったほうが虚弱体質タイプには安心です。

なんの知識が足りないのか、やこういった分野に挑戦したら意外とスコア高かったから、こちらもやってみよう、とかデータをとりながら進んで行こうと思っています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました