仕事とかブログとか。将来こどもが恥ずかしくないかの視点で。

スポンサーリンク
カテゴリー

ブログの書き方、とかいろいろ読んだんです。
収益化とかアクセスとか、ためになる情報を、とか。

それになんか寄せて書こうとしてしまって、書きたいことが書けなくなってしまった感じがあって。

ためになる情報という視点は大事だけど、それ以上に「そのためになる情報を自分がだれかのために書きたいかどうか」が大事

ためになる情報を書くと読まれる、みたいなことよく言われています。
確かに需要と供給的にそうなんだけど。

でも最初思っていたのは、自分が大変だったから、これ書いておいたら救われる人がいるかも!とかそういうスタートなわけで。

よく過去の自分にアドバイスするように書く、とかも見かける。
たしかに一部はそう。でも、そうじゃない視点もでてきて、昨日きいたお得なセールのハナシとか、そういうのも書きたくなる。

結局、だれかのための前提として、「自分が書きたいという欲求」がベースにないとダメなんだなーと思って。

結局一周まわって書きたいようにかく

自分のドメインで、自分のサーバー。
書きたいように書くのが一番だ。

ただ仕事であれ、行動であれ、楽しみであれ、将来こどもが知っても恥ずかしくないようなことだけをしてればいいかな?と。

たとえば、会社を辞めるとか、そういうのはいいと思う。
権威のある人にわいろ渡してたとか、そういう「言えない」ことを続けるよりは、辞めて消費者金融で借金になったとしても(よくはないけど)こどもに恥ずかしくないことを選んでいると思う。

なにをやるにも、完璧でなくていいけど、だますとかそういうの無しに本音で動く、それが自分にとって一番浪費が少ないなと思っています。

無償でいろんなことして、損な役回りだったとしても、いちばんあっているし、近道な気がします。ブログのかきかたも、社会復帰の仕方も遠回りしたけど(外の評価に合わせて疲弊した)愚直でシンプルに行く、がここのところの答えになっている気がします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました