マイノリティをサポートすることの思い違い。

スポンサーリンク
カテゴリー
《イキカタ》

長い間、当事者しかわからない感覚を代弁して、支援できるようなことがしたいと考えていました。
外国人にしろ、シングルにしろ、持病持ちにしろ。

年末年始にのんびり考えていたとき、それは違う、とふっと方向性が見えてきました。

スポンサーリンク

当事者が「サポートする立場」になるまでのハードルが高い

苦しいおもいをして、現状を変えようとする当事者。
それは、その時点で「普通ではない体調・背景」で「普通以上の努力」をしています。

そこからさらに、同じ経験をした人をサポートしたいと考えると、普通以上よりもっとハードルを越える必要があります。
これは頑張りとかの問題ではなくて、環境や体調やメンタル的な意味で普通以上を繰り返していると「ガタがくる」のは目に見えています。

それは経験上。だから、想いはあっても自分の生活や体調を立て直すことに集中するしかなく、もっと余裕のあるお金持ちや体力ある人がそこサポートすればいいのに!と思いつつ、体験がないからニーズが見えないか、という諦めもあり、当事者を抜けて、さらに頑張っている人たちがやるしかないのだなと思っていました。

「普通」になれるまでの道筋をすべて賄う?

ニーズがわかる当事者発信の支援をしたとき、わかるがゆえに、「普通」に働けたり生活するところまで、メンタル・環境・学び・将来計画・資金そういったもの全てサポートできる機関のようなものを作らないといけないのだという意識がありました。

人生ってトータルサポートだし、家族も関わってくるし、学びや制度も関わってくる。
本来は公的な窓口がそういった部分を担うべきなのだけれど、全くニーズを掴めていないことが多く、苦しむ当事者のほうが多い。

かといって、当事者経由の自分には、全てを賄うほどのエネルギーと資産はない。

当事者は意外と強い 全てのサポートが必要なわけではない

振り返ってみると、「当事者」というものは意外とタフであり、何年もの間苦しい環境を相談窓口もなく続けていたりする。

支援はありがたいけれど、体調や家庭環境によっては、わがままでなく「支援の条件」のようなものを満たせないことは少なくない。
診断書が必要でも、遠方の病院にいける症状ではない、とか、別居が必要でも賃貸できる環境にないとか。
そういった個々の微妙な事情を制度はあまりくみ取ってくれないから、結果として当事者は「我慢する」ことを選んで少なくとも環境をカスタマイズできる方を選ぶのだ。

支援は、条件から外れると打ち切られることが多いから。
そのかたちに合わせることが困難な環境のほうが多いから。

自分に将来的になにができる?といったら、全てのサポートをすることではなく、もしかしたら「希望」をもてる情報提供や場所提供をすることかもしれないと思い始めています。

悩みのなかでは、選択肢があっても気づかない。調べる余裕がない。
分析する余裕もない。どれがいいか選ぶ余裕がない。

だから、ここに来れば情報もらえる、選択肢分析してもらえる、状況をシンプル化してもらえる、それでいて、DVなど一時的に「一晩でもいいから安心して寝たい」とか「帰る場所がない」(公的な機関は物理的にあれば帰してしまうけど、それが何かを引き起こすことも少なくない)こどもたちが一時的に神経を休められる場所。
そんなところを作りたいなと思い始めてる。
情報や縁をたくさん集めておいて、そのひとたちの希望や、何年も先かもしれないけど、心のよりどころとしての夢となるような繋がりを持てるように。

人助けのためだけでもない

基本、なにかをしたくなってしまう性分は変えられず、自分を壊さない程度によい方向に使わなければと思っています。

自分が助けてほしいときには、助けてくれる人はほぼおらず、それに同情してほしいとは思わない。いまだって「普通」にはほど遠いし、どうにか「自分バランス」を掴んで立っているだけだ。

だから無理はしない。
でも、そのときの悔しさって、社会への怒りであり、自分が動けるようになったら「そこを変えたい」とは思っていた。でも、社会って大きくて権威がはびこる。
それに弱者が闘いを挑んでも潰れるだけ。

だからきっと小さいサイズでもできることをやっていこう、っていうのと、マイホームとかブランドものとか海外旅行とか、あまり興味が持てない自分が、ちょっと「マイノリティ」より少し楽になったとき、何を楽しみにすすんでいけばいいかわからなくなるところはあって。

共依存にはならない方法で、ライフワークとして、なにかやっていくことは、自分が鍛えたり、もっと稼ぎたい、と思ったり、身だしなみに気を使ったり、のための「理由」になるので、そういうプラス面は「自分ごと」の理由です。
自分にプラスなことも、意識していかないと、否定したくなるときが来ると思うので。

具体的なことはこれから考えるけれど、ちょっとプランが立てやすくなりました。
全体関係あるけど、そんな大きなことできないなーと思ってたので。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました