《ハタラキカタ》

《しんぐるまざー》

負け組の勝ち方を探る

社会に合わせたスキルアップや価値をつけていくことは覚悟を決めたうえで、どうしたってマイノリティな環境は変えられず、そこを解決してから何かを身につけようとすることは時間が年単位かかることになり、状況を変えることがさらに遅くなってしまいます。 ...
《カンガエカタ》

英語力、どう取り戻す?

なんだかんだ言って、国際結婚中というのは手続きもあるし、会話もあるし、比較的英語を使っていたものです。 離婚して地方に引っ越してしまうと、仕事で使うor積極的に国際交流イベントにでも参加する、ということがなければ英語を口に出す機会もな...
《しんぐるまざー》

本格的な生活のバージョンアップを考える

プロフィールでも書いたように、一度からだを壊したり家庭がゴタゴタすると、立て直すのに結構な労力を要します。 今も完全復帰はしていません。 でも、少しだけ「これやりたい」とか「学びたい」とかスキルアップとかに目がいくようになっ...
《ハタラキカタ》

シンプリスト的働き方改革。

マンガでわかる シンプリストのためのことばの魔法Vol.2 あまり物欲がありません。旅支度レベルのものがあるほうが落ち着きます。 かといって、ミニマリストのように、ゼロに近いところまで求めるかとい...
《ハタラキカタ》

「ニートの歩き方」を読みました。

こちらの本を読みました。 ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 ダブルケアや、過労からの社会復帰など「頑張れる」ことは 頑張り続けてきたからこそ、 「な...
《ハタラキカタ》

本当に学歴は関係ないの?

結局、いろんな分野を仕切っているのは学歴がある人 世の中が変わりつつあっても、いまだに仕切っているのは学歴持ちが多い。現場でよく物事を知っていたとしても、結局仕切る立場が回ってくるのは○○卒や資格持ち。 もちろん、なんらかで...
《ハタラキカタ》

私が引きこもり起業にこだわる理由

新しいことや、キャッチーなことがしたいからか。そりゃ、こういう働き方がもっとしやすく、一般的になったら、苦労する人は減るだろうから、いいなとは思う。 でも、外でバシバシ、を中心にして稼ぐのは、私自身にとって逆にリスクだから、あえてなる...
《ハタラキカタ》

翻訳を仕事にするためにできる50のこと その3

子供が生まれる前に、小さいうちは家で子育てをしたかったので、今ほど在宅勤務がいろんな分野になかったので、翻訳は視野には入れていました。 生まれる前にある程度、勉強して、と考えていましたが、妊娠中にいろいろいろいろあったことで、すぐに大...
《ハタラキカタ》

翻訳を仕事にするためにできる50のこと その2

英語環境になかったか、といえばそうでもありません。 でも、必ず意外がられて、英語力のときと同じようになぜかこちらが申し訳ない気持ちになるのが、「海外渡航経験がない」ということです。 残念そうな顔をされても、こちらが困るというよう...
《ハタラキカタ》

翻訳を仕事にするためにできる50のこと その1

国際結婚と聞くと、ハーフの子への質問と同じように「英語ペラペラなんでしょ?」と言われることが多く、それなりに話せるのに相手の期待通りにはペラペラじゃないことにこちらが、なぜか罪悪感を感じる、といった不思議なやり取りを毎度経験します。 ...
タイトルとURLをコピーしました