にほん せいかつ

にほん せいかつ

成功したいマインドと、成功しちゃいけないというマインドのせめぎ合い 

社会復帰すればするほど、いろんな問題を抱えていることを痛感し、社会は優しくないなぁと思う。 そんな状態でも楽せず成功して(大金持ちになりたいわけじゃない。シングルマザーだとか、体弱いだとかで、見下げられたり、軽視されたりしないで生...
にほん せいかつ

日本は魅力的な国のままでいられるか

国際結婚をして、ハーフの子供を持つと、世界情勢もより身近なものとなります。 半分ずつ入っている国同士が戦争とかなったらどうするんだろう。 法律とかにより、どちらかの国に入れないとかになったらどうするんだろう。 どち...
にほん せいかつ

人生はネタ探し つまらないことと通じ合い欲求

面白いほうを選択してしまう芸人的性分 もともと結婚しないタイプだと自分では思っていました。 ひとりあんまり気にならないし。媚びれないし。 そして、上京して、「もと配偶者」に出会ったとき、偽装結婚とかちょっとビザを期待された結婚...
にほん せいかつ

多様性はすべて家庭で学んだin 国際結婚

多様性、ダイバーシティ、グローバルな活動が増えている 最近、日本も変わりつつあり、さまざまな活動が活性化しています。 日本、行きづらいと感じてきた人がやっと動き出した時代なのかもしれません。 まるで新しい発見のように、「多様性...
にほん せいかつ

個々に意見を持てる文化の転換期? 集団から個の集まりへ。

日本はもともと、集団や世論、の力が強いです。何か目的をもった団体というのはなかなか成り立たないのに、集団のいじめや談合、世論の目など、同じ目的がなくても集団化できる国民性なのかなと思います。 自己組織化や設定変更は自分探しの旅? 最近、...
にほん せいかつ

礼儀という名の感謝の強要と、見返りなしの行動への不信 だから日本が住みにくい!

 「ありがとう」はThank youと同じ? ありがとう、という言葉一つとっても単純に機械のようには翻訳できないようです。そこに隠れる国民性、背景、が影響する。だから翻訳も面白いのかもしれない。 感謝の気持ちを述べるのに「ありがとう」と...
タイトルとURLをコピーしました