スポンサーリンク
カテゴリー

楽して稼いじゃダメですか? ドロップアウト後の「楽」は怠けじゃない。

アフィリエイトとかユーチューバーは楽?

きちんとした会社員から見ると、ネットの世界で稼いでいる人は「楽」しているんでしょうかね。

自分で工夫して作りだしていくのを「それなりに成功」しているネットの世界の人はだいぶ「頑張って」きているからこその成功だと思うのですが、会社のなかでの画一的な苦労しか苦労と認められない世の中ですしね。

だいたいドロップアウトした人が稼ごうとしたとき、できることは「苦しくないこと」

そもそも怠けたいんであれば、自分でいろいろ考えなくていい会社の方が楽です。

そこに体や心が不調を示してしまったとき、自分でなにかをするしかない。ただ、自分でやるにも自分の健康もマネジメントのひとつなのですから、自分が心身体調をおかしくすることは選ばない。
そうすると、会社・社会からみると「楽」なものを選んでいるように見えるのかもしれないけれど、本人にとっては「からだを壊さないもの」を選ばざるを得なかっただけの話。

会社のなかではスキルアップ、福利厚生がいいことなのに個人では贅沢の範疇

もちろん、社員のスキルアップは会社の利益になるのですから、それはわかります。
そのビジネス的思考データはなくて、ニートが将来のことを考えて習い事に行ったら、
「贅沢、まずコンビニでバイトしてからいけよ」
と思われる社会の雰囲気。

人に寄っては持病や対人恐怖で、接客がダメなのかもしれない。
ディスレクシアなのかもしれない。
予想できないタイミングで体調を崩す人なのかもしれない。

そういう状態で、でも将来を考えて例えば「プログラミング」なら人と最低限の関わりでできるかも!と希望をいだいたり、習っている最中の人との関わりにも挑戦しようとしているかもしれない場合でも(もちろん、バイトできるのに習い事のほうが楽だしーというニートは別として、ちゃんと人生に思い悩んでいる場合)、社会はまず「普通」を経由することを望む。



ちょっと頑張れば「普通」になれる人、人生を費やしてしまう人

就活に失敗して挫折して引きこもりました。
学歴あり、健康、家族あり。
ちょっとの頑張りで普通になれる環境の人は「普通」を経由した人生のほうが正解の道を通れるでしょう。

でも例えば、原因不明の体調不良、体調いいときはいいけど、、という場合、頑張って改善方法を発見しますか?編み出しますか?
10代から体調の悪かった自分は、普通のことをエンジョイしてみたいと、いろんな健康法や東洋医学も情報収集や勉強しました。
自分独自の自分に合う対処法はある程度つかみましたが、医者ではないので大発見はできていません。



そういう場合、普通になるまで頑張るべきでしょうか? 偉大な学者が発見できないようなものを発見できるまで、人生をエンジョイしてはいけないのでしょうか。

エンジョイと言っても、パーティしたり豪遊したりではないのです、多くの場合。なにか持病を抱えてたりする人にとっては、カラオケ行ってみたいとか、旅行行ってみたいとか、体調を考えずに約束してみたいとか、そんなささやかなことが「普通」の意味するもの。そこのハードルさえ高いのに、そこを越えないと幸せになったり楽したりしちゃいけない、そういう空気が社会にあります。

「普通」になるために一生ではなく、いまのままでできることを探す。
それで稼いだ場合、「楽している」と揶揄されるのは変な気がします。

株式会社じぶん、のイメージで過ごしてみる

会社なら、将来のためのスキルアップ、心身の健康のためのリラックス。
それは当然の権利として当たり前に存在する。

境遇って、人それぞれですよね。
安定して子ども時代、会社員、と送れる人もいれば、体調を崩したり子ども時代に虐待があったり、そのトラウマがあったり。
勉強したくてもあたま良くても、大学にいける家族環境でなかったかもしれない。

一時期で比較したらいけないと思っています。人生トータルでラクしてるわけじゃなかったらニート、引きこもりがダメとの烙印を押されるのは違う。
病気で障害年金の場合だって、申し訳なさ感がでる。どこかの議員さんが言うように、生産性がない?って。

ドロップアウトからの復帰が、今まで「普通」経由しかなかったことでどれくらいのひとたちが人生の時間を無為に過ごしてきたか、って思います。

ネットが流行ったことは、普通経由以外の方法で、「ドロップアウトからの復活という道」のロールモデルを様々な人が作れるようになった。

なら、引きこもり期間も、マイナスにではなく、会社の経理のようにとらえて、
そこに感情をのせず、福利厚生、会社(社会・日本)に将来大きな利益をもたらすための経費としてかんがえたら、罪悪感とか無用感とか置いておいて、論理的に、偏見なく、どう復帰するか考えていけるのではないかなと思っています。

だから、引きこもった状態(基本的には)である程度の成功を目指しています。時間はある程度かかってもこつこつと。