スポンサーリンク
カテゴリー

【ひきこもり起業ミッション003】普通の行動はやっぱり無理?低気圧に負けるのでさらに在宅スキルを上げることを誓う

無理しない時期が続くと、あれこれできるんじゃない?ちょっと普通じゃない?って、普通の人の計画に乗りがちになることがあります。

予定の詰め込み具合とか、呑みにケーションとか、完璧求める度とか。
長い期間、不調と付き合ってるといろんなことに妥協していくんですよね。それとどこまでが疲れるラインか自分で測れるようになっている。

でもたまにチャレンジャーな自分と、普通でいたい自分が顔を出して、普通のひとに合わせてしまうのです。

まず脳が疲れてしまう

鬱経験があるからなのか、人の多さとか怒涛のスケジュールとかは「疲れる」という状態より「オーバーヒート」に知らないうちになってしまう。

通常が、「疲れている」状態だから、ちょっと無理するともうMaxなんでしょうね。
疲れているが通常なので、ちょっとした不調が逆に当たりまえになりすぎて、麻痺してしまうんですよね。オーバーヒートするまえに気づけばいいのに。

からだより何より、脳が熱を持ってしまう。考えすぎなかもしれません。身体感覚に素直に動いているときはあまりオーバーヒートを感じません。

ハートで動くと脳が疲れない。普通に合わせようと脳をフル回転している間にコントロールできない不安がやってきてしまいます。

エネルギーの総量が少ない

基本的にあまり食べれてないのです。もろもろの体調で。
食べれないものが増えたというか、少食×複数回、が合うというか。

それはそれで慣れて、逆にすごい不調は減ったのです。
が、普通の行動というか、普通に動く日にそれはエネルギー不足なのです。ですが、焼き肉がっつり食べる受け入れ態勢の体力自体もなく、大きな体質改善をしない限りはこのパターンは変わらないだろうなと思っています。

ひとが100あって、疲れて50な「疲れたー」と、30しかないひとが50つかうと、マイナスなので寝込むわけです。

いまのところは、ゆっくり体質改善をしながら総量を増やすしかない。そうすると普段あまりエネルギーを減らすような機会を工夫していかないと、マイナスからゼロに戻すだけで時間を取ってしまうのがここ何年かの現状です。


総量が少ないに大量に使う

例えば大勢が集まる場所に参加する。
におい、音、人の想い、遠慮、考え、バランス、空気感、ボケとつっこみ、あいづち。
全てのこと・ものに反応する感じで過ごしてしまう。

あえて、ではなくアンテナがキャッチしてしまう。
エネルギー100でそれをやると、「コミュ力高い」「つかえるやつ」「気配りがすごい」になるけど、エネルギー30だと、先にメモリーが消費されてしまうんですよね。

結局、「そこに参加する」というベースのことに対するエネルギーもキープできず、体調不良になってしまう。つかえるやつスキルをもっているのに使えないやつ、になってしまうふがいなさ。

エネルギーを増やせるようになるまで極力こもるとスタイル作り

そうなると、普通に出る、その場にいる、というエネルギー消費の多いところをまずは削るしかない。

普通に出れるのが通常になるためにも。

ひとが多いとダメなんだ。
完璧を目指しちゃうから普通の人となにか一緒にやるよりは一人運営の方がいい。
普通の人のレベルに合わせようと頑張ってしまう。
普通の人の疲れた、に自分の疲れたのレベルで勘違い同情して請け負ってしまう。

今年の夏は、ひとり事業・一人作業をこつこつとする年に。
そとへの関わりは、しなきゃならないことではなく「楽しむ」とか「くつろぐ」とか感覚で動けることだけを今年は動く。

♪ ハートの感覚を大事にしつつ、脳は仕事に、仕事の効率化に使う。
♪ 普通、を求めずここちいいやり方で仕事を
♪ エネルギー消費しないためにも、事業的にも効率化の工夫は忘れない

この3つを柱に今年の夏は、事業を立ち上げるぞ! 令和チャレンジ!