カテゴリー
スポンサーリンク

作りたいかたちが見えてきた。無力シングルマザーの起業

当事者が必要なものが見えていないサービス提供者たち

いつの時代もそうですが、持っている側(環境・資金など)は、何が本当に必要なサービスが見えてないことが多くて辟易する。

無力な自分は、起業とか夢見ちゃいけないという自己評価の低さをもってしても、あまりの的外れなサービス展開に、「資金・環境のムダ使いだから、こっちに任せろ!!」って口だししたくなります。

実際に経験、もしくは意識的に経験しようとしなければ、きちんとニーズを満たせないものだと思うので、仕方ないとは思うのですが、本当にそのサービスが必要な人で、ニーズも捉えてる人たちっていうのは、サービス立ち上げる余力なんてないのです。
だからこそ、余力のある立場の人に頑張ってほしいのですが、リア充で、自分の生活が満たされていれば気がつかない人が多いですよね。

自分ももっと落ち着いたら、この大変さ忘れちゃうんじゃないかって思っています。
忘れないうちにカタチにしたいとも。

起業コンテストやクラウドファンディングを利用する?

いろいろなくてもアイディアがあれば!
とコンテストや資金集めも道はあると思います。ただ、お涙頂戴的な「開業の理由」とかで資金をいただくのも、主催の会社などのコンセプトに寄っていないといけない窮屈さからも、難しい起業だと思います。

メディアの力で多くの人に、というより、見つけてくれた人の力に、地道になれるような。
関わる人が多すぎて、外注してクオリティが下がる、ということはしたくないというような。

生活ができて、子供の進学くらいの貯金はあったら、あとはきちんとかかわっていける人数の規模で回していきたいなとおもいます。

就労支援につながる活動、テレワークに繋がる起業

こどもが大きくなれば、外勤がメインですが、その間にスキルアップもしておきたい。
こどもが小さいうちにも少し働いておきたい、となると自宅作業できることが必要になってきます。
CrowdWorksなど登録できるところも増えてきましたが、その前段階のパソコンスキルを習得したいとか、今すぐは就業できないけど少し手を付けたい、という人のサポートがあってもいいかなと思っています。

少しづつ構築中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする