スポンサーリンク
カテゴリー

国際結婚に必要な英語力 英語が話せないと結婚できませんか?

結婚した時点の英語力はどうだったか。
私の場合は、英検2級。(普通)
地方出身。(外国人は何かのイベントかALTしかいない)
英会話教室続けて通う余裕なし。(数回地域開催のに通った感じ)

とにかく英語を話す機会がない

英語の点数良くても、文法ちゃんとわかってても、話す場所がない。
今ほどネット環境しっかりしていなかったし、オンライン英会話もほとんどなかった。

そういう状態で上京しているので、教科書に載っているような応答ができる普通の英語力。

口に出す機会がないので、どれくらい実践で話せるのかわからないままに上京してすぐにもとだんなとは出会っています。

向こうも英語ネイティブではなく、しかも日本に来たてで、日本語は話せません。
非ネイティブ同士の英会話、そんなに高度なものは求められません。

「伝わる」のが第一目的。

 ボディランゲージで何とかなる?

ビジネス相手なら、しっかりと意図が伝わらないと契約的な問題になりそうですが、恋愛関係なら、それこそ『ボディランゲージ』でなんとかなることも。

そもそも、恋愛など、同じ国の人同士でも理論的に全部を言葉にしないし、雰囲気・様子を察して進んでいくもの。

読み取り能力が高ければ、あとはアイラブユーとかアイドントライクユーとか、はっきり言わなければならないことの英語を知っていればどうにかなる気がします。

長く続く関係なら、そのやりとりのなかで独自のMIX言葉ができていくとも思います。(どちらも英語ネイティブじゃない場合)

家庭内、同棲利用で外国語スキルアップ

とはいえ、ずっとボディランゲージというわけにも行かないので、関係が安定したら「伝える努力」をしてみるといいかもしれません。

外国人というと、英語をスキルアップさせなくては、という印象が強いですが、どちらの母国語も英語でないなら、相手の国の言葉を一から覚えるほうがいいかもしれません。(英語があまり得意でない場合)

相手も、自分の国に興味を持って、さらに自分のために努力して習得しようとしてくれるのをみてうれしく思うはずです。

また、離婚や同棲解消しても、無料で習得した語学スキルも、仕事に活かせることもあります。

外国人との恋。恋愛として相手の気持ちに振り回されているだけでなく、環境を活かして将来に繋がると考えれば、職歴や実務経験のように、いろいろ経験してみて損はないかもしれません。(ただし、犯罪・DV・病気などに関わらないような見極めは必要。子供も巻き込むことになるので慎重に。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする