カテゴリー
スポンサーリンク

書きたいように書くのではないーブログに対する思い違い

ネタはたくさんあるのになかなか進まないブログ。

情報に追われていて、ふと気づきました。

自分が書きたいように書くのじゃダメなんだ。

読み手が読みやすいように、理解しやすいようにかくべきなんだと。

これは一般の義務じゃなくて、あくまで自分なりの結論。

書く、っていうことは、読み手が存在するわけで。日記と違って公開するなら読み手を意識する必要がある。

読む人がいるという前提で書くなら、『時間泥棒』にならない工夫を。

理解しやすく、詳細知りたいなと思ったらすぐにリンクに飛べるような親切な構成。

最初はおせっかいに見えていたけど、自分が読み手になると、一回のページで全てこなしたい。他のサイトでまた調べたりするの面倒。

「伝えたい」「(読み手がいるもの・レスポンスがあるもの)を書きたい」と思っている段階で、そこまでの責任があるのかなと発見している。

ただの感情のだだ漏れや、書きなぐりは読むにもエネルギーや時間をムダにさせてしまう。

自分の時間・エネルギーも、人のも等しく、大切に。

そんな意識が芽生えてきたら、もっと書けそうな気がしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする